クラミジアは保健所・病院・自宅で検査できます。

クラミジア情報まとめ

クラミジアを発見するためには検査が必要です。

クラミジアってどんな病気???

クラミジアに感染したかもしれない・・・。
初めての人はどこでどうやって検査したらいいのか分からないですよね?

しかし放置しておくと、症状が悪化したり、ほかの人への感染を広めてしまったりとっても危険です。

クラミジア感染を知るためには三つの方法があります。

①保健所での性病検査

保健所での性病検査

全国のほとんどの保健所で性病検査を行っています。
検査費用は無料で匿名です。しかし面談を行った上での検査ですので日時が指定されているほか、検査結果を直接聞きに行かなければいけません。
主にHIV、梅毒、淋病、クラミジアを検査することができます。

しかし検査方法が採血・採尿になるので、クラミジアや淋菌がのどに感染していた場合は見つけることが出来ません。

②病院での性病検査

病院での性病検査

全国の病院(診療科目によります)で日時指定もなく検査することができます。
病院では診察料・初めての場合の初診料がかかります。
また症状が表れていない場合の検査となると保険が適用されず自己負担の場合の場合があります。
保険が適用されない場合は高額となるので注意が必要です。
保険が適用された場合でおよそ5千円(診察代・初診料含め)自費負担だと1万円~1万5千円ほどになります。

しかし病院での検査で保険を使うと、保険利用の明細などから家族に知られてしまう可能性があるのでこちらも注意しなければなりません。
検査で陽性が出た場合は、一般的にその病院で治療を受けることになるので事前に評判などを調べていくと良いですね。

③性病の検査キットを購入する

性病の検査キットを購入する

ネットの通販で性病の検査キットを購入することができます。
検査キットによって金額や方法はまちまちですが、最近は自宅で検査できてその場で検査結果が分かるものもあります。
安いもので3000円ほどで購入できます。ただし咽喉クラミジアと性器クラミジアの検査キットは別となります。
自分で検査するとなると不安かもしれませんがほとんどの検査キットは分かりやすい説明書がついていて、付属の綿棒で粘膜をとるだけなので痛みも少なく簡単といえます。
病院や保健所に出掛けなくてすむので忙しい方、誰にも知られたくない方にはおすすめです。
また陽性反応が出た場合のために一緒に薬を注文しておくのもいいですね。

お薬ランキング