性感染症にならないためには性生活を改善しましょう。

クラミジア情報まとめ

性感染症を予防しよう。

性感染症を予防しよう。

性感染症になると大事なパートナーに感染させてしまったり、不妊症になってしまったり・・・。
何一ついいことはありません。
性感染症にならないためにはどのように生活したらよいのでしょうか。

①性行為を行わない。

一番確実なのがセックス(オーラスセックス)を一切しないということです。
しかし現実的に考えるとほとんどの人が無理ですね。

②パートナー以外の性行為は控える。

信頼のおけるパートナー(お互いが感染していない)以外の相手とは性行為を行わないことです。
不特定多数と性行為を行っていると感染リスクが高くなり、感染源が分からないので、治療しても再び感染するかもしれません。

③コンドームを必ず使う

粘膜が触れ合わないようにするので感染率を大幅に下げることができます。
オーラルセックスをする際にも使用する必要があります。
ただし性感染症によっては予防できない場合があるので100パーセントではありません。

④傷口の有無を確認する

体に傷口がある場合は感染することがあります。
特に口内や性器などに傷口がある場合感染しやすくなるので性行為は控えましょう。

⑤相手の性器を確認する

性感染症に感染していると男性だと、性器にぶつぶつができたり、赤みを帯びていたり、尿道から膿がでていることがあります。
女性も同様に、性器のぶつぶつや、おりものの悪臭などが見られます。
何かおかしいと思った場合は性行為はしないようにしましょう。

カップル

感染を広げないためには

①感染の可能性があるときは性行為・献血をしない。

性行為での感染はもちろん、献血で万が一、検査を抜けてしまった場合輸血に使われます。
輸血でも感染するので、献血は控えてください。

②検査を定期的に受ける

一度の性行為でも感染することがあるので自分で期間を決めて定期的に検査を受けるようにしましょう。
症状が現れた場合や、感染の不安がある場合は地域によっては保険所などで無償で検査をしてくれるところもあります。
風俗に行く人や不特定多数との性行為を行う人は特に検査を必ず受けるようにしましょう。

お薬ランキング