実際に性感染症を治療した人の体験談を記載しています。

クラミジア情報まとめ

実際に性感染症を治療してみて・・・。

実際に性感染症を治療してみて・・・。

神奈川県・40代男性

これまで何度、風俗店の利用を控えようかと考えてた事か分かりませんがお酒が入ると何故か性欲が増しまた行きたいという衝動にかられついつい足を運んでしまい、これで三度目の性病への感染です。
嫁に何て言えば良いか、また言い逃れる術はないかと模索しますが全てが無駄なあがきだという事は分かっています。
意を決して伝えると当然怒り、散々な罵声を浴びせられ反省していますという言葉しか出てきませんでした。

性病への感染の内訳はヘルペスを二回、今回はクラミジアで二回目のヘルペスは体に残っている菌が免疫低下で再び現れた様な気がしまうがきっと気のせいと思うしかありません。
当然、嫁には怒られた次の日に病院へ行く様にと言われ、私が病院が苦手な事を知っているので付き添ってくれるんですがこの優しさがたまらないと感じてしまう私はきっと大馬鹿者かもしれません。

抗生物質での治療である事は分かっており、三回目ともなると医師も笑うしかないですし私も笑顔で診察を受けいつもの流れで薬を処方され病気を通じて医師とも仲良くなって気もします。

今回の処方された薬はジスロマックで何やら新しいタイプの抗生物質で少ない投与回数、日数で治癒させる事が出来ると言われ一日に一回を三日間続けるだけと言われ、半信半疑でしたが黙って指示通りの内服をこなし検査にいってみると完治していました。
胃酸の影響を受けづらいらしく高い成分濃度を維持したまま患部に作用するらしく、その為内服回数が少ないと言われ納得出来た気がします。

クラビットという薬を改良した薬らしく、ジスロマックは高い有効性を示すといっていましたが有効な分少し薬価が高かった様な気がしますが何はともあれ完治したので再び悲劇を招かない様に風俗を自重する為にもアルコールの量を減らしたいと思います。
嫁との営みは当分お預けになる見たいなのでそれは少し危ない気もしますが。

お薬ランキング